★医学部再受験でも合格可能な医学部は必ずある!★

医学部再受験生は年齢差別があるため志望校選びは重要になってきます。年齢差別を実施するのは医師になるまでに時間がかかります。特に国立の場合は学費が安いのは税金による補てんがあるからです。税金を使って医師を育成するからこそ、長期間社会に貢献できる医師を養成する必要があるという考えを持つ医学部があってもおかしくないでしょう。また、医師という職業は体力的にも精神的にもハードな仕事です。年齢が上の人はこの激務に耐えられるのか疑問を抱くといった様々な考えがあります。ただし、様々な考えや意見があるからこそ再受験生に門戸を開いている医学部もあるのです。医学部再受験生の場合は、リスクを背負って前者を受験する必要はないのです。学力勝負で年齢に関係なく優秀な学生を欲する医学部を目指せば良いのです。医学部再受験生から人気があり合格者も多い大学として滋賀医科大学と帝京大学があります。滋賀医科大学は国立の単科大学であり、歴史的に再受験生が多く受験する人気校です。年齢に寛容と評判であり、20名から30名ほどの再受験生が毎年合格しています。いっぽう、帝京大学医学部は私立の中堅レベルに位置する医学部です。年齢に関係なく学力重視の傾向があり、多浪生および再受験生の多く毎年合格しています。帝京大学は難易度も医学部の中では手頃感があるので、合格保証制度を設ける医学部予備校では必ずといって良いほど受験させています。それくらい、年齢を心配する必要はないということです。学費も以前は4000万円を超える高さでしたが、2014年に実施された値下げによって3750万円まで下がり通いやすくなっています。ただし、学費を値下げたことで難易度は確実に上昇しているのでハイレベルな競争に打ち勝つだけの学力が必要になります。以上のように再受験生でも年齢を気にすることなく合格できる大学はあります。だから重要なのは医学部合格に必要な学力を身につけることです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です